2005年05月06日

イギリス総選挙

昨日、イギリスで総選挙が行われた。予想通り、与党労働党が大幅に議席数を減らしたものの、過半数を確保した。保守党も大幅に議席を伸ばしたが、今回の選挙は労働党に付け入る隙がかなりあっただけに、物足りない結果となった。全体の議席数から見れば、労働党が失った議席を、保守党と自民党で分け合った形だ。

第3党の自民党も躍進したことで、イギリスは3大政党時代に入ったと見て取れるだろう。自民党の勝利の要因は一貫してイラク戦争に反対しつづけたこと。イラク戦争反対票が自民党に流れていった。

労働党は過半数を取ったといっても、同党にブレアの政策を支持しない人たちも数十人はいるので、新人の議員の動向はまだわからないが、ブレアのこれからの舵取りは難しくなったと言えるだろう。今回の労働党勝利の主因は安定した経済だったので、その立役者とも言えるゴードン蔵相の力はさらに強まるだろうし、今の段階で党内のブレア支持とゴードン支持はほぼ同数なので、これからは党内の駆け引きが激しくなるだろう。

イギリスの選挙は単純小選挙区制である。なので、得票率を見ると、労働党36%、保守党33%、自民党23%と僅差であるのに、実際の議席数ではかなりの差が出る。小選挙区制を採っている国の人たちと話をすると、比例代表のほうがいいという人が意外と多いが、日本の比例代表選挙を見ると、これまた問題が多い。完璧な選挙制度というものは有り得ないが、たった3%しか得票率に差がないのに、こんなに結果の差が開くとなると、改めて民主主義というものを考えさせられる。
posted by Apple at 20:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

援助の負の効果

援助が紛争を助長したり、一層悪化させることがある。援助機関は紛争地域において、中立を保ち、紛争当事者と関わりを持たないでいようとするが、現実にそれは難しい。援助関係者の多くは紛争地域での援助の困難さを口にする。また、正よりも負の効果をもたらしていると、国際援助を批判する人も多い。しかし、その失敗から援助そのものを批判すべきではない。実際に援助を必要とする人々への援助を取りやめたとしたら、必ずや考えられる以上の負の結果がもたらされるであろう。

苦しんでいる人々に対し、手を差し伸べられる人々がそうするのは責務であり、それこそが世界をよい方向に進めていくのに必要なことだと思う。しかし、援助をする人たちは、援助が自己満足で終わらぬために、援助の負の効果(ここでは紛争への影響)を常に考えねばならない。一口に紛争といっても、それぞれの地域、人、文化などがもちろん違う。けれども、過去の経験から共有できる部分が必ずあるはずである。いかに効果的な援助を紛争地域で行うことができるか、今いっそう考えていきたい。
posted by Apple at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 紛争と援助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。